チューリップ、もう少しで咲きます

気持ちが沈む時思い出すこと

それなりに仕事して、一日が終わり、タローの散歩をしながら、なんかすっきりしない気持ちにおそわれる時があります。
予定通り仕事が終わらなかったのが大きな原因なんですが、あまり気持ち良いものではありません。
こんな時思い出すのが、

知り合いが昔父親から言われたって言葉です。
知り合いのお父さんはもう亡くなったけど、長生きしました。
知り合いはぼくに言いました。

「じぶんが若い頃おやじから言われたことなんだけど、一日仕事して思ったように仕事が進まなかった時、おやじが一日一生懸命仕事したなら目にみえる成果は出てないかもしれないけど、仕事は必ず一歩進んでいるから大丈夫だ!って言われたんだよ。
それから、一日一歩は必ず進んでいるって思うようにしているんだ」

良い父親を持った知り合いは良い男です。