カササギ殺人事件

ほとんどの雑誌企画のミステリー部門で大賞をとった作品です。
なのでう〜ん、これはねぇとかはありません。
読ませます。
編集者がミステリー作品の原稿を読むところから物語は始まります。
上巻はそのミステリー「カササギ殺人事件」の原稿です。
上巻の終わりに、「えぇ〜」となり下巻は編集者が語ります。
下巻になり、正直ぼくはペースが落ちました。
いかんせんぼくの好みはハードボイルドですから、好みから少し外れていて寝る前にベットで読むパターンになりました。
でもいよいよとなると、一気読みです。
上巻の原稿カササギ殺人事件がどうなったか最後でわかります。
一度にふたつの作品を読み終えた満足感に浸れます。

こんな構成もあるんだ。作家の力量を感じさせるミステリーでした。
ミステリー好きな人は当然読んでいると思いますが、なにか読む本はないか考えている人はぜひ読んでください。
まず間違いのないミステリーです。

作者 アンソニー・ホロヴィッツはあの「刑事フォイル」の脚本家でもあります。

最後に、解説で 一読唖然、二読感嘆とあります。同感!
さっ、まだ読んでない人は読んでください。