ヒカンサクラ、タローの散歩で

最近のテレビの構成(編集の仕方)が嫌いです。
どんなかと言うと、
まずはレポーターが何か紹介します。
そして話題の人(物)が登場します。
でも視聴者は観れません。顔や物(商品とか)がぼかして(隠して)あります。

次にくるのが、それを見た出演者のびっくりした顔や、笑った顔が出て、そしてコマーシャル。
ここでのテレビ局(編集者)の意図は視聴者に出演者はなんで驚いたんだろう?
なんで笑ったんだろう?きっと知りたいはずだ!

そして、コマーシャルが終わり、また初めから今度はぼかしのない映像が流れます。
ここまでくると、ぼくにはびっくりもなければ、えぇ~もないです。
うんざりです。

もし、ぼかしたりとかCMを挟んで同じ映像を流さなければそれなりに、
へぇーそうなんだ!すごいねぇ!となると思います。

チコちゃんに叱られる

それに比べてNHKの「チコちゃんに叱られる」はおもしろいです。
CGを使ったチコちゃんの映像はもちろんですが、
そこには民放のようなじらしとかぼかしがないからです。
気持ちよく観れます。

民放のテレビ局さん、あんな番組作っていちゃ、どんどんテレビ離れが進むよ!
テレビって気持ちよく観たいんだ!